美学・アーティスト学・心理学 人間を内面から磨く芸能スクール
スクールメニュー
(外部リンク)
ブックマーク

※FLASHを再生するには
FLASH PLAYERが必要にです

※動画を再生するには
最新のrealplayerが必要です。
■EQとは?

EQとは情動指数・心の知能指数です。世界の成功者( クリエイター・経営者・政治家・経済家 etc) の80%は EQ能力の高い人です。 彼らの大半は人間関係処理能力が高く、人気者です。 EQ能力の高い人とはこのような人を指します。

社会的知性は学問的知性とは別々の能力であり、心の知能指数がテーマに、心内、対人、人間的知性を中心とし、自分自身の情報を知る、自分の動機付け方、周りの人の感情の認識、人間関係処理能力(人気者となるための方法・プレゼンテーション能力を究極まで高めること)などです。

本当に頭のいい人とは周りにいる人たちの無言のメッセージなどを敏感に汲み取る能力がある人です 。肝心なことは、目で見えず、心で見ないとわからないことが多く、化学方程式、素因数分解など記憶力中心、丸暗記の学習能力が高く、仕事ができ、 お金儲けが上手でも良い人間関係が作れないと、俗に言う「嫌」な人となってしまい人間としてまったく魅力がありません。

現代の日本社会・経済・教育の傾向は テストの点数・偏差値・収益に重点を置くIQ・数字中心です。人間本来のあり方を否定するIQ教育により現代社会はたくさんの問題を抱えてしまいました。 それに対しEQは社会的知性を高め現代社会の問題点解決の糸口を見出せます。EQを高めるということは、人間が生きていく上で必要最低限の基礎要件と言えるでしょう。

■EQスクールの存在意義

世界の子供の統計で何に生きがい を感じるかとの質問に「家族といるとき」と答えた回答率は、アメリカ 77.8% 韓国 42.5% 日本 21.3%と、日本が最も低く、また、引きこもりは、日本だけの現象で、現在120万人とも言われています。親が傍にいながらも子のエールに気が付かない為に子供が引きこもるという問題点。

最近の犯罪を起こした少年の多くは、真面目な子、おとなしい子、明るい子といった「あの子に限って」等と言われる様な世間で言われるところの「良い子の認識違い」が多く見受けられます。

全てにおいて、心の問題、子供の心の中を認知し理解する事、大事なことは親自身が心の 整理をし、自身の生き辛さに気付かなければ子供の非言語が読めないという事、それはつまり、自分の情動コントロールEQが未熟という事になります。

このような中でEQを高めていくという必要性を感じEQスクール発足の運びとなりました。現代社会の病気として頻繁に取り上げられるこれら諸問題の多くはEQ不足が原因と考えております。当スクールはEQ向上重要視しております。

■TUAでEQを高めよう!

心を支えるカウンセリングと分析査定するEQスクールでは、現代の問題をあらゆる方向から取り組み総合的にケアを致します。
・ 役者の演技を通して、 自分の感情を適切な状態にコントロールする能力(情動コントロール)を身に付けます。
・ 目標達成に向けて自分の気持ちを奮い立たせ、集中力とプレゼンテーション能力を身に付けます。
・ 芸能スクールというコミュニケーション中心の人々の中で共感能力や感受性を育みます。
・ リーダーシップ等の基礎となる人間関係をうまく処理する能力を身に付けます。

若く吸収力の高い時期にEQをよく理解し、あらゆる角度で学習・研究することで、人間として将来一番必要で大事なもの、夢と心のある人間性を身につけましょう。

EQを通して自分というものの存在をよく知り居場所を探し、自分探し、自分らしさ、目標、価値観を定め、同じ方向性の考えの仲間作り、信じるものを見つけ、オリジナリティのある個々の人となり、自分自身の 魅力、表現力を身に付けてください。

EQ芸能スクール TUAは心の大学を目指しています。
具体例として…

  ・自分を知る
・友達を作る(同じ価値観を持つ仲間作り)
・怒りというものを知る 怒りの種類、怒りを含め情動コントロール能力を高める
・自分自身を知る、自分と向き合う。自分を見つめなおす
・コミニュケーション能力を高める
・いつでもベストコンディションを保つ努力 (体調管理、肥満予防の心がけ、肌の手入れ、精神的安定 )

キーワードは学習と娯楽 (Education & Entertinment)です。

携帯電話・パソコンがない頃、現在とは違い、ゆっくりとした時間があり、人は、まず心の付き合いがありました。
近所の尊敬・憧れの人などを目標にして、道徳の時間のように、 人との付き合い方・礼儀・挨拶・言葉・気遣い・心配りetc)。今はデジタル化時代となり、情報を多く持ったほうが良いという考え方が中心となっておりますが、急加速的に次々に膨大に進化していくことで、人間本来の基礎条件を忘れ始めています。

EQスクールの素晴らしさは無限大です。急加速する膨大な情報化時代の中で自分を見失いがちとなる今、一番重要なことは、自分を見つけ、目標を確定し、より確立、戦力的な生き方をすることです。
一般の教育では記憶中心型の学習(因数分解など、各々の人生であまり直面しないことなどを勉強の重要性の確認)で得られない、自己表現(プレゼン)能力、人間関係処理能力、イマジネーション能力を可能な限り高め、輝き続ける事が出来る事が社会の通知表として、 とても重要です。

EQ講師陣
eq
大村 政男
ヘッドマスター
1925年 東京都新宿生まれ
日本大学法文学部文学科心理学専攻(現在の日本大学文理学部心理学科)卒業。法務府(現在の法務省)技官として、東京少年鑑別所に勤務(非行少年の鑑別に従事) 。 その後、大学に戻り、日本大学文学部助手を振り出しに教員生活に入る。 現在、日本大学名誉教授。 文学博士(学位論文:「顕現性不安の構造に関する研究」)。
eq
大山 浩 講師
日本大学芸術学部演劇学科演出コース卒、東京サンシャインボーイズ、劇団四季演出部、劇団ひまわり92年、所長に就任、講師・若手公演演出・カリキュラム開発。
eq
浮谷 秀一 講師
東京富士大学教授、パーソナリティ心理学、EQ,心理学全般、日本パーソナリティ理学会常任理事。
eq
麦島 哲 講師
LEC東京リーガルマインド大学 総合キャリア学部教授、CLビジネススクール学長、経営学博士課程修了。
eq
栗田 稔 講師
社団法人産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー、職業安定所心理キャリアカウンセラー、中央労働災害協会心理相談員、東京都障害者スポーツ指導員。

|| 授業案内(外部リンク) || カリキュラム一覧 | EQ(心理学) | モデル | | ボーカル | 声優 | ダンス | 特殊 | 授業動画 ||

|| 講師紹介(外部リンク) | 講師一覧 | EQ(心理学) | モデル | | ボーカル | 声優 | ダンス | 特殊 ||
|| 施設案内 | | 採点表 | 会社概要 | お問い合わせ ||
copyright (c) TUA. All rights Reserved.